人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山元町産 伊達むらさき    (金時草)


by tyama2001
 山元町の古民家に、薬用に用いる植物、キハダ(写真1)が栽培されております。かねてより山元町の「伊達むらさき」に注目して研究を行っている東北福祉大学の小野木准教授は薬剤師の資格を有しており、キハダの周皮(黄色い皮の部分)に関心があるとのことでしたので、当NPOがキハダの伐採・周皮の観察会を企画し、7月20日に実施いたしました。

キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09305014.jpg

写真1. キハダが栽培されている様子

 キハダの周皮は梅雨明けの前後に伐採すると剥ぎ易いとの情報を小野木准教授から聞いていたため、この時期の伐採となりました。また今回の企画には、同じく「伊達むらさき」を研究している城西大学生薬研究室の研究者(白瀧教授、鈴木准教授、北村助教及び大学院生2名)も参加し、大いに賑わいました。周皮(黄色い皮の部分)を採取(写真2~4)し、表皮が一部残った周皮(写真5)を観察すると、皆、不思議がっておりました。小野木准教授によると、キハダの周皮は天日乾燥されて「オウバク」という生薬として用いられること、大学の研究者でも実際に木を伐採して周皮を採取する体験をすることは稀ではないか、とのことでした。

キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09310644.jpg
   写真2. 伐採木より周皮を剥ぐ

キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09313786.jpg


   写真3. 表皮と周皮の様子 

   
キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09315035.jpg


写真4. NPOメンバーと大学の研究者が協力して周皮を採取 


  
キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09320305.jpg



写真5. 表皮が一部残った周皮


 キハダの伐採と周皮の採取・観察会の後、NPOの月例会(写真6)が行われ、東北福祉大学と城西大学の研究者もオブザーバーとして参加してもらいました。月例会では山元町の農家さんよりご提供いただいた朝採りの伊達むらさきのお浸し(写真7)を試食しながら、伊達むらさきの話や山元町の農業、生薬植物などの情報を共有するなど、活発な意見交換ができました。また、伊達むらさきに限らず、山元町の古民家という、新たな街の魅力に気づかされた企画でした。


キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09330377.jpg


写真6. NPO月例会の様子


キハダの伐採と、薬用に用いる周皮の採取を行いました!!_e0102418_09332128.jpg

写真7. 伊達むらさきのお浸し

# by tyama2001 | 2019-07-27 09:52 | 亘理・山元ニュース
元年年7月 1日
 NPO法人 亘理山元まちおこし振興会
発行人・理事長:千石 信夫

大正の頃(4) 養蚕 <後>

 日本の養蚕業が全盛期に向かった大正期に、最も問題とされたのは品質のバラツキであった。宮城県内には多数の蚕種製造業者がいて、病気を持った蚕種や粗悪品も出回っていた。
 これらの業者に、病原菌もなく優れた蚕種を製造させるために「原蚕種」を配布するのが喫緊の課題とされたのである。
 この「原蚕種」製造所の設置を巡って、県内各地から猛烈な誘致の陳情合戦が行われた。 養蚕学校があったことにもよるが、時あたかも宮城県会議長が亘理の武田吉平(酒造業者)だった。その手腕もあって、大正6年11月の県議会において、「宮城県原蚕種製造所」が亘理に設置することが可決された。
 大正8年に亘理町館南の養蚕学校近くに250坪もの大型木造建築物ができた。蚕室、事務室などを含むものである。その後、大正13年には名前を「宮城県養蚕試験場」と改めた。
 原蚕種製造以外にも蚕業技術員の講習や試験研究なども併せもつことになった。
 さらに昭和7年に「原蚕種国家管理法」が施行され、蚕種検査室なども設けられた。
 下の写真帳は、その頃に発行されたものと思われる。





郷土の歴史を遡って知ろう!(第16号)_e0102418_11170977.jpg


郷土の歴史を遡って知ろう!(第16号)_e0102418_11172958.jpg


 「宮城県蚕業取締所亘理支所」の文字が見える。難しい漢字で、現在とは逆向きで文字がかいてある。また右の写真は多数の女子検査工員が拡大鏡を用いて、蚕種紙を検査している様子である。
 この頃になると、京都からも高級技師が赴任してくるようになった。
 赴任者の中には、家族ともどもそのまま亘理に住み着いた人もいた。
 その技師一家の息子さんには、嫁さんは京都人でないといけないと、わざわざこの田舎に輿入れいただいたご婦人もいる。
 亘理町館南一帯は、宮城県きっての一大養蚕基地となったのである。旧亘理城(要害)の大手門から南西の広い土地に蚕業関連の各種建物が存在していた。官舎もあった。ここで昭和11年に生まれ仙台に住む知人は、わずか生後数ケ月で父親が転勤となったが、亘理に限りないシンパシーを持っているとのことだった。
 仙台から通勤していた県庁職員の方が、そのまま亘理に婿入りしてしまった人もいる。
 話がやや昭和に逆戻りしてしまったが、大正初期(2年)の亘理郡での蚕種業者と金額は以下の通りで、山下村に勢いのあったことがわかる。 ( )内は製造者戸数

   山下村    30,598円 (14戸)
   坂元村     263円 ( 1戸)
   亘理町    2,265円 ( 3戸)
   吉田村     -----
   逢隈村    4,652円 ( 8戸)
   荒浜村     -----

   亘理郡合計  37,769円 (26戸)

 ここで吉田村が抜けているのは統計ミスだったとされる。明治22年に亘理郡に近代養蚕をもたらしたとされる吉田村の鈴木吉太郎さん他1軒が、昭和12年まで絶えることなく操業を続けてきていたというのである。
 さて「蚕種」とは何かということだが、文字通り蚕の卵で、それを厚手の和紙に多数産みつけた「蚕種紙」というのが販売されていたのである。大きさは現代のA4版程度であった。この卵から生まれるのが「さなぎ」である。さなぎの保育器であり成長の場所でもあるのが 蚕棚と呼ばれるのが下の写真である。

郷土の歴史を遡って知ろう!(第16号)_e0102418_11174145.jpg



竹で編まれた直径1m程度、高さ5cmくらいの薄い籠である。ここで「さなぎ」は桑の葉を与えられ育っていく。
 ある時期になると、さなぎは白色から微妙に色が変化して糸を吐き出す時期がきたことがわかる。
 自らの体の周囲に繭を作っていくのである。 繭の光沢が品質を決めた。この段階で普通は仲買人に買いとられ、伊具郡の金山にあった佐野製糸場に運ばれた。馬の背に荷物を振り分けて、山下村の明通峠を越えて行くのである。この生繭は時期が遅れると中のさなぎが羽化して飛び立つときに繭が壊れるので、速やかに高温で処理して中のさなぎを殺すのである。1個のさなぎからは約1kmもの糸がとれ、これを数本より合わせて1本の絹糸となるのである。
 この仲買人には、当初亘理郡でも名のある商人がやっていたが、大変な利益が出る事から我も我もと新規参入が相次いだことより、大正末には免許制となった。
 「蚕」のことは、現在では忘れられつつあるが、伝統を残さんと丸森の大張小学校では教育に取り入れられ、皇居では上皇后美智子さまが育てられていることがニュースになっている。

 参考文献  山元町誌  亘理町史(下巻)        (記:鈴木仁)

 の資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。

# by tyama2001 | 2019-07-01 00:00 | 亘理・山元ニュース
                               令和元年 6月 1日
                                NPO法人
                               亘理山元まちおこし振興会
                               発行人・理事長:千石 信夫

大正の頃(3) 養蚕 <前>

 大正時代に日本の主力産業は養蚕業であった。輸出総額の三分の一を占めていた。生糸である。農業のかたわらで糸を作るための軽工業が盛んだった。
 亘理郡でも同様に養蚕業が盛んだった。農家の半数が蚕を養っていた。副業としてはもってこいで女子や老人でも作業ができ、貴重な現金収入を得ていたのである。
 作業小屋のみならず、母屋にも蚕を置く家が増えて、この頃に建築された家は大型のものが多い。逢隈・亘理・吉田・山下・坂元各地区にはお城の如き大きな家があった。
 桑畑も多く、畑地の半分が桑だった時代もある。今なお、荒れた畑に桑の木が自生しているところがある。桑畑があれば誰もが、繭を生産できたのである。
 当時の繭相場は、1石(10貫:37.5kg)が米3石(450kg)であるとされた。 1坪(3.3㎡)の繭小屋があると1貫の繭が出来たとされる。
 4名の家族が50貫の繭をつくっていた。すなわち5石であり米に換算すると15石の生産であった。結構な金額になった。(写真は桑を食べる蚕と、繭3個と桑の葉である)

郷土の歴史を遡って知ろう!(第15号)_e0102418_20012021.jpg
郷土の歴史を遡って知ろう!(第15号)_e0102418_20014230.png
 
蚕は昔からあったが、仙台藩伊達家の4代目すなわち1700年頃に京都から織物師を招き養蚕業を積極的に推奨するようになった。
 仙南地方では、伊具郡丸森の金山地区が先進地域だった。蚕の敵はネズミなのである。ネズミ退治に猫を大事にしてきた。このため丸森町全域にわたり猫神社といわれるものが、百にもおよぶ。石に猫を掘った猫石神や神殿を備えたものもある。

郷土の歴史を遡って知ろう!(第15号)_e0102418_20013198.jpg

 だが亘理郡では、ほとんどみない。確認されているのは逢隈の二体のみとされている。これは亘理で蚕業が本格的に盛んになるのが明治期以降であり、もはや近代養蚕業といわれるもので、猫神様に頼る時代ではなくなったからである。
 明治10年に仙台市大町に養蚕試験場ができ、12年には「養蚕組合規則」ができ、1郡を1区としてお互いに連携を取り合い、何事も秘匿せず生産と品質の向上に努めるというような内容である。これに基づき明治19年には「亘理蚕糸組合」ができる。
 しかし、その後生糸の暴落や組合内部のまとまりを欠いたことで30年に解散してしまう。
 養蚕の技術が十分に発達していないことも大きな原因だった。
 小堤村(旧亘理)の大半は地味が悪かった。それでも自家生産する人たちがいたのである。 亘理郡の生糸の主力生産地は明治当時では、坂元本郷、鷲足村、長瀞村、浅生原村、高瀬村、八手庭村、真庭村・・など現在の山元町が主力だった。生産量は年間284貫だった。

郷土の歴史を遡って知ろう!(第15号)_e0102418_20015574.jpg

 さて、明治30年に組合が解散したときにその組合長である渡辺作十郎は、原因は教育にありと感じた。奇篤な人だった。亘理郡長に「簡易養蚕学校」設立の申し出を行い、300円を寄付金として設立資金にしてほしいと申し出たのである。郡長は文部大臣に学校設立の許可と同時に国庫補助金を要請したのである。明治32年に「亘理郡立養蚕学校」の設立が認められた。
 場所は、亘理伊達家の学問所であった「日就館」跡地である。現在は亘理高校になっている。校舎建設費用として国から5千円、県から2千円、寄付金千円が当てられた。当時としては極めて多額であった。教育期間は2年。初期の卒業生は県内各地より養蚕教師として招かれ、宮城県の養蚕は亘理の卒業生によって発展したとされる。
 大正3年の学校の記録によれば
       校長、教職員    8名
       生徒 一年生 28名  二年生  32名   計60名
  教育に要する費用は、職員給与2千円  実習、他費用 3千円   計5千円   収入は国補助6百円、県補助5百円、郡費3千円、収穫物販売など  計5千円
 この学校は、大正末に郡立から「県立」となるのだがそこに面白い逸話がある。かつて養蚕では先進地だった伊具郡が亘理郡にすっかりお株を奪われてしまい、残念なことこの上なかったのである。伊具出身の県会議員がこの機会を捉えて、一発逆転の構想を練り、伊具に県立養蚕学校をもってくるべく暗躍し、県議の過半数に根回しを終えたのである。
 明日が議会という夜に河北新報の赤坂記者がその情報を得た。飲み仲間であった亘理県議永田万吉の宿に駆けつけた。万吉は一大事とばかり夜中に寝巻姿のまま、各県議の宿を回り説得を続け、ようやく事なきを得たと言う話がある。新聞社も情報管理など問題にしないのどかな時代でもあったのだろう。(郷土わたり12号より)
 参考文献  山元町誌  亘理町史(下巻)        (記:鈴木仁)


の資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。      

# by tyama2001 | 2019-06-01 00:00 | 亘理・山元ニュース
令和元年年5月 1日
NPO法人 亘理山元まちおこし振興会
発行人・理事長:千石 信夫

大正の頃(2)

 第一回の「国勢調査」が行われたのは大正9年(1921年)のことであるが、亘理郡ではそれに先立つこと7年も前の大正2年に「亘理郡統計書」を発行している。 亘理郡は代々、郡長に有能な方が任命されており、第8代目の卯埜さんもその一人で郡の実態をよく調べ上げ、人口のみならず各種の生産額など後世に残る統計書を残している。そのなかから世帯数と人口を見てみよう。( )内は世帯数で、この時代は一戸当たり平均して6人前後の家族だった

(第一表)
      |山下村坂元村|亘理町|吉田村|逢隈村|荒浜村|   郡合計| 備考 |

大正 2年 |6,557|4,000|4,478|3,337|6,451|3,120| 27,943人|
      |(947)|(583)|(740)|( 520)|(919)|(546)| (4,255)戸|

大正 9年 |6,614|4,001|4,590|3,621|6,426|3,154| 28,406人|         現在に続く、5年ごとの国勢調査始まる

大正14年 |7,068|4,355|5,110|4,090|6,730|3,363| 30,716人|

昭和 5年 |7,3464,691|5,287|4,423|7,162|3,734| 32,643人|

      |   ( )内の世帯数は大正2年のみを記す


 大正時代には、山下村が人口・世帯数が一番であり、郡内で勢いのよかったことがわかる。 現在の山元町(山下村+坂元村)は、大震災での打撃が大きかったこともあるが、昭和5年の人口とほぼ同じである。(大正時代には亘理郡の人口が約5千人増加したこともわかる)  平成の末から、日本は人口減少の時代を迎えている。次の時代には亘理郡全体でも、大正の昔に戻るかもしれない。


大正2年の統計資料にある亘理郡の本業とする職業別、世帯数である。        (第二表)

職業 |農 業|養蚕業|漁業|工業|商業|官公吏|労働者|其他|資産者|無業者| 計 |

世帯数|2,558| 25 | 329|241|505|  90 | 332 |200|  63 |  2 |4,345|
 筆者注:(第一表と第二表とで計が90世帯の差異があるが、重複して数えたものがあると思われる。)

 当時のことであるから、副業をされている世帯が多い。特に「養蚕業」を営んでいる方々が多かった。農家のうち約半数の1,232戸が養蚕も兼ねており、他の職業でも126戸が副業としての養蚕を行っていた。
「官公吏」とは現在の公務員であるが、それより農家収入等の方が多かった方が別途65名いて、亘理郡の公務員(官公吏)は計155名であったことがわかる。現在は両町の役場職員や県庁職員、教職員、郵便局、JRなどを合計するとどれほどになるのだろうか。
 本業とする公務員90名の中にも、農業や蚕業を副業としていた方々が三分の一ほどはいたのだから普段は家族にやらせ、世帯主は休日も働いていたのであろう。当時の公務員給料は決して高くはなかったのである。
 「労働者」は、日雇いの人や作男と呼ばれた方々と考えられる。その日給は30銭であったとされ、年間300日働いたとしても年収90円であった。当時は米一石(150kg)が25円であり、米で換算すると540kgだった。米は時代によって大きく価値が変わるので一概に現在と比較するのは無理であるが生活は相当に厳しかったとおもわれる。現在ならわずか1反歩の収量でしかない。当時の収量は今の半分程度なので、2反歩相当の働きでしかなかったのである。
 「資産者」とは、文字通り地主さんである。この地主さん方は63世帯で亘理郡全体の田畑の55%を所有していたのである。
 工業とは現在の如きものではなく、酒、味噌、醤油などの醸造業や瓦の製造、蚕に関する種子とか道具の製造などを指す。

以下の表は、上記と同じ大正2年の生産額である。当時の1円では米6Kgが買えた。
(第三表)                             (単位千円)

      | 山下村 坂元村 | 亘理町| 吉田村 | 逢隈村| 荒浜村|   郡合計| 備考 |

農産物   |  289 | 112.4 | 89.1| 125.9 | 221.8| 22.9|    860.8|
()は繭産額 |(113.8)|(37.8)| (32.8)| (32.8)|(56.3)| (7.4) |   (280.9)|

畜産    |  5,4|  2.2|  1.9|  3.5|  8.6|  1.2|    22.8|    

林業    |  14.6|  8.2|  0.4|  7.0| 12.3|  2.4|   44.9|

水産    |  3.6|  8.5|   0|  3.5|  2.3| 54.2|   72.0|

工業    |  28.3|  2.0|  53.5|  6.8| 11.8|  1.3|  103.8|
合計    | 340.5| 133.4| 144.9| 146.6| 256.7|  82.1| 1,104.3|

注①荒浜村の林業生産が気になるが、山が無いのだから海岸の松を切ったのだろうか?
  ②第三表は、あくまで生産金額を示すもので商業は抜けている。亘理町が少ないのは、このためであろう。当時としては、すばらしい統計であったが、その年(大正2年)に大型台風による大洪水があり秋の収穫に逢隈村と荒浜村が大打撃を受け、通常はもう少し高い生産額だったようだ。 

   参考文献  山元町誌  亘理町史(下巻)    (記:鈴木仁)  

の資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。   

# by tyama2001 | 2019-05-10 14:46 | 亘理・山元ニュース
平成31年4月1日
NPO法人亘理山元まちおこし振興会 
発行人・理事長 千石 信夫

郷土の歴史を遡って知ろう!(第13号)

大正の頃(1)亘理郡の時代と終焉

 大正末までは「亘理郡長」さんがいた。亘理郡6町村の上に立つ人で宮城県への請願や県知事からの指示などは、すべからく郡長さんを通じておこなわれていた。
 亘理郡は文字通り一つだったのである。だが郡は現在、住居表示に使われるに過ぎない。
 従って、亘理「郡会議員」もいたのである。明治22年に亘理郡6町村が出来上がったのだが、まだ町村が独自に行政をおこなうには未熟だと考えられたようで明治27年に郡制度の行政単位が発足した。従って「郡役所」もあった。現在の亘理町役場のところである。古い建屋が昭和20年代まで存続していた。町村議会議員・郡会議員・県会議員といたのである。
 だが時代が進むにつれて、中2階的な「郡制度」は不必要だということになり、大正12年に廃止が決まった。郡有財産の残務整理などがあり大正15年に至り消滅した。
 大都会では、大正ロマンなどという言葉もできて、近代日本の幕開けの時代ともいわれたが、郡部ではまだまだ貧しかった。昭和へと続く凶作におそわれていた。
 モダンガールなどと言われた、洋装のハイカラな女性が登場したのもこの頃である。しかし田舎ではモンペ姿の女性が多かったのである。
郷土の歴史を遡って知ろう!(第13号)_e0102418_14092476.jpg

 ハンドバックも登場し、和装の美人によく似合うものであった。
 大正12年9月1日(現在は全国防災の日になっている)のお昼に関東大震災が発生した。
 亘理でもかなりの揺れを長時間感じている。県知事から亘理郡長にも救援に関しての召喚があり米穀業者が来庁するようにとのことで分銅商店の伝吉さんが県庁に向かった。報告を受けた郡長は県の意向知り、当時の大地主の代表格だった永田万吉、山田周吉(現亘理町長の曽祖父)を訪問し相談の結果、有力地主や米穀業者・精米業者を集めた会議を持ったのである。白米2000俵を出す事を決めて、県庁に報告したところ玄米もOkとのことだった。

郷土の歴史を遡って知ろう!(第13号)_e0102418_14110101.jpg

 9月5日には,亘理駅より白米320表と玄米210俵が貨車に積まれ出発している。途中で坂元駅よりも玄米10俵が加わった。亘理駅には貨物列車の引き込み線が昭和の終わり頃までは存在しており貨車もあった。その引き込み線の西側には、大きな米倉庫があった。現在のカラオケバー「うた蔵ぶ」に建物の名残りがある。仙台からの貨物列車が、それぞれの駅で貨車をつなぎながら走っていったことと思われる。(当時の仙台貨物駅は宮城野原駅だった:現在の楽天スタジアム付近)
 当時としては、かなり迅速な動きだったと言える。
 さらに亘理郡からの青年団員30名が応援隊員として9月6日夕刻に自炊の米・味噌などを背負い上野行きの列車に乗った。7日間ほど活動して帰着している。現代でいうボランティアだ。港についた外国船からの救援物資陸揚げや隅田川の清掃作業を行った。
 だが、救援米には後日談がある。第2回目以降は、県より仙台の第二師団を経由して送るようにとの指示だった。裏に第二師団は軍用米として没収する意図があった。県庁はそれでは困ると軍との間で20日間も揉めたのである。しかし軍の横槍に押し切られてしまった。折角の救援米の大半が東京には届かなかったのである。
 大正時代は都会の繁栄とは別に農村の困窮を代表するものとして、亘理郡坂元村に宮城県では最初の「坂元村公益質庫」が設置された。大正9年(1920年)のことである。10月に徳本寺で村民総会が招集され、村議会で議決された。この年は半作でしかなかった。 金利は月1%である。年利にすると12%になる。 質物は、日用家具・衣類など確実な動産に限るとある。特別な場合には田畑であってもかまわないとあった。
 ずっと後年の昭和10年まで公益質屋は継続し助かった人たちが多くいた。
 宮城県では、2年遅れての大正11年に設置がはじまり、「公益質屋法」が公布されたのはさらに5年が過ぎた昭和2年のことである。 一方で、第一次世界大戦の戦勝国となった日本は好景気に恵まれ、銀行も地方にやってきた。今では誰も記憶していないであろう名前の銀行が3つあった。宮城貯蓄銀行・宮城商業銀行・東北実業銀行である。亘理郡内に進出して営業所を出し互いに競争しながら張り合っていた。だがこれら3行も昭和7年には七十七銀行と合併することになる。
 亘理町新井町に堂々たる銀行があった。東北実業銀行亘理支店として大正13年に新築されたもので、その後昭和を通じて七十七銀行の支店としてなじまれた。若い方々には徳陽相互銀行が知られていると思うが、昭和38年に亘理支店が開設したもので、その消滅の様子は読者の方で詳しい方もいると思うので省略します。

    参考文献  山元町誌  亘理町史(下巻)   (記:鈴木仁)

の資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。  
    

# by tyama2001 | 2019-04-01 00:00 | 亘理・山元ニュース