e0102418_9231079.jpg
マッシュルーム栽培への事前調査


 4月28日(金)午後4時から同じ地区内の阿武隈環境㈱の堆肥つくり工場を阿部社長の案内で見学しました。
 見学メンバーは星辰夫、菊地八朗、緑川秀雄、千石信夫、岡本憲明の5名

まず、約30mのトンネル式の第1次醗酵レーンを見学しました。水分調整材を投入したのち毎日2回切り返しをします。第1次醗酵工程として30日掛かるそうです。
次は高さ3~4mに積み重ね15日間寝かせます。これを第2次醗酵工程と称しています。この後ふるいにかけて有機堆肥として出荷されます。投入から出荷まで45日掛かることになります。
この時期、春の種まき期に入り、受注が多く生産が間に合わない状況とのことでした。

 この後5時半から近くの集会所にて、阿部社長から堆肥つくりのノウハウをいろいろ教わり質疑しました。御蔭様で大変勉強になりました。

実は馬糞堆肥つくりについては、これまで文献やマッシュルーム生産会社の資料や、個別の見学会など何回か行われています。教科書的なものは理解しているつもりでも、季節〃の外気温度や湿度そして使用する装置などの違いにより、体験的なノウハウがあり、やってみないと分からないところが沢山あることがわ分かってきました。

                 (バイオマス・エコタウン部会 岡本)
[PR]
# by tyama2001 | 2010-05-07 09:26

新しい山元町長です!

常日頃より、「NPO亘理山元まちおこし振興会」ホームページをご覧いただき
ありがとうございます。
 昨日(4月27日)掲載致しました。発会式開催報告への添付写真について早速
多数のお問合せを頂きましたのでお答え致します。
内容は「挨拶されておる方は新しい齊藤町長の様ですが?」と言う問合せでした。
上段に掲載の写真中央で挨拶されておる方は御指摘のとおり齊藤町長です。
 4月11日の発会式当時はお二人とも、立候補予定者としての紹介で、お二人とも
公平なお立場でのご挨拶をいただいたものです。
 振り返れば、NPO発会式での祝辞が齊藤町長から町民へむけての記念すべき
第一声の場であったことを大変誇りに思い感謝しております。
          
              (事務局 緑川)
[PR]
# by tyama2001 | 2010-04-28 08:47 | 亘理・山元ニュース
e0102418_1553798.jpg

e0102418_15555933.jpg

「NPO法人亘理山元まちおこし振興会」の発会式ならびに記念講演が4月11日(日)に
山元町中央公民館で開催されました。
50名を超える一般町民の方々も参加され、明日の山元町発展へNPOの果たす役割に高い期
待が寄せられていました。
 発会式は山下努理事長からNPOの立上げ経緯や、昨年から活動している5つの部会それぞ
れの取組み状況の報告、そしてこれからの更なる取組みについて熱い決意表明がありました。
 続いて、山元町区長会会長はじめ来賓の方々から、これからのNPO活動への力強い協力支
援と高い期待の言葉を頂きました。
 発会式につづき東北大学白鳥則郎教授による「共生社会:21世紀をよりよく生きるには」
の講演がありました。
 講演内容は、豊かな20世紀を築いてきた欧米の合理主義を超え、21世紀は「自然と人間
」を考える世紀であり、自然を繊細に感じることが出来る日本人こそが、その役割を果たすべ
きである。また、少子高齢化を迎える今、自分たちの人生を心豊かに生きていくにはどうした
らよいか、それには我々は何をなすべきか」と、共生社会を目指す我々の行動指針となる講演
でした。
 なかでも具体的取組み例として仙台を中心に進めている「シニア居酒屋」の話には、参加し
た町民の方々の関心も高く、多くの質問がでていました。
 講演後には、NPO会員への加入申込をする姿が多数見られる盛り上がる中でのお開きとな
りました。
         (事務局 緑川)
[PR]
# by tyama2001 | 2010-04-27 15:57 | 亘理・山元ニュース

発会式と記念講演会


  「NPO法人亘理山元まちおこし振興会」発会式の日時変更のご案内


拝啓 過日の「大津波警報発令」による特別警戒及び避難に遭われた皆様、おつかれさまでした。

山元町においては大きな混乱や被害も少なかったようで何よりであったとお察し申し上げます。

 当日は、既にご案内申しあげておりました「NPO法人亘理山元まちおこし振興会」発会式も、

やむなく中止いたしました。周知が間に合わず、ご足労をお掛け致しました皆様には心から

おわび申し上げます。

つきましては、改めて下記の内容により発会式・講演会を開催いたします。

新年度早々でもあり何かとご予定もおありかと存じますが、万障お繰り合わせのうえ、

ご出席賜りますよう改めてご案内申し上げます。
                  敬具


                  記



1 日 時   4月11日 (日)  13時半 ~ 16時

2 場 所   山元町 中央公民館 二階会議室

3 発会式           ( 13時半 ~ 14時10分 )
NPO法人亘理山元まちおこし振興会 設立について
理事長 挨拶  山 下 努

来 賓 祝 辞

4 講演会           ( 14時15分 ~ 16時 )
演 題  「共生社会 ¨二十一世紀をより良く生きるには」
                ━ NPO法人 ビジネス創研と共に ━

講 師   東北大教授・NPO法人ビジネス創造研究所 理事長
                         白 鳥 則 郎 先 生




関連情報はホームページ「http://www.watari-yamamoto.com/」に掲載しております。
[PR]
# by tyama2001 | 2010-04-05 16:33
町民の皆様へ
                     NPO法人亘理山元町おこし振興会
                       理事長  山 下 努  


「発会式及び記念講演会」中止のお詫びと延期のご案内

 昨日の大津波による被害等は御座いませんでしたでしょうか?
夜遅くまで避難されておられた方々はさぞかしお疲れになられたことでしょう。
ところで、
2月28日(日)の大津波警報により 予定しておりました、当会の会合を止むを得ず中止とさせて頂きました。当日会場までお出で頂いた方々、ご出席を予定されて頂いた方々には大変ご迷惑をおかけ致しました。心からお詫び申し上げます。
何しろ突然の自然災害ということで、ご了解の程宜しくお願い申し上げます。
 尚、会合は日を改めて下記に日程にて開催することといたしました。多数の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

      NPO法人亘理山元まちおこし振興会
                 発会式および設立記念講演会 

4月11日(日)13時半より  山元中央公民館 2階会議室 にて
   発会式   13時半より
   記念講演会 14時15分より 演題・講師は前回ご案内と同じ

(注)開始時間 前回ご案内より30分繰り上げ。
[PR]
# by tyama2001 | 2010-03-01 18:48

町民の皆様へ
新年のご挨拶とNPO設立記念講演会のご案内

NPO法人亘理山元まちおこし振興会
理事長  山下 努
 新年明けましておめでとうございます。
皆様には、夢と希望に満ちた新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
当NPO法人 亘理山元まちおこし振興会 は町民の皆様と共に我がふるさと山元町の良さを見直し、その恵まれた環境を最大限に有効活用し町の活性化に寄与すべく、昨年10月に法人化し会を設立しました。
 いよいよ、本年、実質的にその活動を本格化する運びとなりました。
つきましては、下記により、発会式及び設立記念講演会を開催することと致しましたのでここにご案内申し上げます。多数の皆様のご参加をお待ち申し上げておりますと共に当会へのご理解と今後のご協力の程を宜しくお願い申し上げます。


                記

NPO法人設立記念講演会

日 時  平成22年2月28日(日) 午後2時~4時30分
場 所  山元町中央公民館 2階会議室
演 題  共生社会:21世紀をよりよく生きるには
     -NPO法人ビジネス創研と共にー
講 師  東北大学教授・NPO法人ビジネス創研理事長
      白 鳥 則 郎 先 生 (登米のご出身)
その他  入場無料
     講演会に関するお問合せ先  
     NPO法人亘理山元まちおこし振興会事務局
                    090-8259-7099 担当  岩佐まで


白鳥先生の自己紹介
 私は、宮城県登米市の山村にある善王寺小学校(平21年3月、少子化のため閉校)を卒業
しました。北上川の支流の小さな堀での水泳やセミ取り、チョウチョ、クワガタ取りが
なつかしく想い出されます。田んぼのあぜ道をかけながらのイナゴ取りも授業の一環とし
て行われました。その後、自転車で30分かけて北上川のほとりにある登米中学校に学び、
昭和37年3月に卒業しました。当時、日本は高度成長期の真ん中で池田首相のキャッチフ
レーズ「所得倍増計画」が印象に残っています。それから50年近く経った21世紀の今、社
会は少子高齢化と地球環境の破壊にいかに向き合うかが課題となっています。
 
 さて、自分だけでなく、みんなも良くなる社会は、どのようにしたら創れるのでしょう
か? 私は「公」と「私」の調和に価値を置く社会、すなわち共生社会であると考えてい
ます。ここで、「公」とは“みんな”であり日本や世界です。「私」は“自分”であり家族や
地域です。このような共生社会をめざす実験場が「NPO法人ビジネス創造研究所(略称:
BSK、理事長:白鳥則郎)」です。

 このBSKは、平成14年9月、「市民」を中心とする産・学と云う新しい枠組みと知恵で、
新規事業の創生と雇用の創出にチャレンジしようと地元企業をメンバーとして発足しまし
た。平成21年10月に法人格を取得し、同年10月29日の河北新聞で紹介されて話題となった
「シニア居酒屋」や「キッズ・ステーション」を手がけています。一人では難しいが、み
んなで力を合わせると出来る、という成功事例を創るために、今まさに奮戦中です。みな
さんも参加してみませんか、大歓迎です。
e0102418_9303891.jpg

白鳥先生近影



 
[PR]
# by tyama2001 | 2010-01-01 07:50

バイオマス利活用

 大崎市議のバイオマス利活用研究会

       マニフェスト大賞ノミネート記念講演会 参加報告

大崎市議会議員有志20人は 「自分達の選挙公約実現」 と執行部に対する議員活動の一
環として 「政策提言を実行」 していくため、市議20名(超党派で構成)で 
「バイオマスエネルギー利活用研究会」 を発足。その活動を積極的に行つているとのこと。

 この度、その活動が、地方の優れた政治活動を表彰する 第4回マニフェスト大賞(ロー
カルマニフェスト推進地方議員連盟・会長早稲田大学北川教授主催) のコンテストで全国
から2542件の応募の中から、優れた活動の大賞候補ベスト34にノミネートされた。

 それを記念して12月12日(土)大崎市古川で講演会が行われ、我々山元町のまちおこ
しのために何かしら役に立ヒントがあるのではないかとの思いで参加・勉強してきました。
下記その報告です。

講演会 タイトル  バイオマス・エナジー企業誘致と議会改革 について
 講師 静岡県湖西市(ホンダ・ヤマハ・スズキ等の企業城下町浜松市の西隣)
市長 三上 元 氏(現在2期目)
湖西市はトヨタ創業者 豊田佐吉翁 の生誕地とのこと。

  講演内容
1 企業を招く  パナソニックエナジー誘致について
2 奇跡の当選
3 政策はどうあるべきか
4 議会はどうあるべきか
5 不況・デフレ・円高・低金利の時の対応は
湖西市は 研究所の集まる街 を目指しているとのこと。

* 企業誘致にかける意気込みと戦略・実行力に感銘。評価は70年後でないと正当な評価はされないとも。全ては綿密な戦略にあり。これからの議員は専門化されなければならない。5~7人の議員でもよいのでは・・・?。議員は執行部批判だけではなく政策提言出来る議員でなければならない。などなど、経営コンサルタント出身市長らしく、選挙戦術の具体的手法まで披露していた。

* 大崎市議会の市議も行政の監視もさることながら、地域の課題について積極的に政策提言を心がけ、市の執行部に働きかけて地域の発展のために努力している姿勢が見えるのが印象的であつた。

* 12日(土)午前中は亘理町の休日議会を傍聴。亘理町議会も各議員ともレベルの高い質疑をしていたのが印象的であつたことを報告しておきたい。非常に参考になつた。

                             (文責 事務局 岩佐)
e0102418_10573730.jpg

[PR]
# by tyama2001 | 2009-12-14 11:02

古代米栽培

      古代米の栽培について 

私たちは山元町真庭地区で健康に良い「古代米・黒米」を研究・生産しています。
古代の野生種の形質を残している品種と言われているものですが、我々は其の中の健康に良いアントシアニン系の色素を多く含んでいるほか、ビタミンCや、胴、亜鉛、マンガン等のミネラルを多く含むためますます健康に良い古代米と言われております。
昨年栽培したものの中から特に成長の良い種籾を残し、今年生産に取り組んで、品種の改良にも取り組んでいます。今後の楽しみでもあります。
また、今後は、粟、ひえ、等々他の雑穀とまぜ5穀米、10穀米等にも挑戦してみたいとも思つております。乞うご期待です。
写真は昨年収穫した、古代米(黒米)の精米した状態のもの、今年町内で採れた丹波栗と古代米の栗ご飯(炊くと赤飯のように黒から赤になります。1号の白米に小さじ1杯です)、
それから、今年の栗(9月5日に収穫)、そして、生産者の私たちです。
写真は今年の9月18日稲刈りの途中でのもの。左から富田、大和田、日下です。
(文責 大和田勝夫、富田俊一

e0102418_1250239.jpg

[PR]
# by tyama2001 | 2009-10-27 12:53

町民健康文化講演会 

「町民健康文化講演会」 開催のご案内

                    NPO亘理山元まちおこし振興会
                         理 事 長  山下  努

 今般、下記要領にて、地元山元町にお住まいの専門家の先生にお願いし、町民のための”健康にかんする講演会”を開催することと致しました。
今回は、我々が体調を崩すと、まずはおせわになる”医療・治療”に関して
「期待される医療とは・・・」
と題して講演をして頂くことになりました。
健康に関する質問も受け付けます。 多数の皆さんのご来場をお待ち申し上げております。


     記

(1) 日  時 平成21年10月24日(土) 午後1;30~3;30

(2) 場  所 山元町中央公民館  2階会議室

(3) 演  題     「期待される医療とは・・・・」

(4) 講  師 東北大学名誉教授 医学博士
          宮城病院名誉院長    岩崎祐三 先生
   
(5) その他  入場無料 (当日会場にて受付・先着順)
              10分前までにはご入場下さい。
   

 
主催 NPO亘理山元まちおこし振興会      
後援 山元町教育委員会

上記講演会に関するお問い合わせは下記へ。
電話 090-8259-7099主催者事務局 担当 岩佐まで。


岩崎祐三先生の自己紹介

国民の6人に1人が高額な保険料を払えないために健康保険に加入できないでいる米国に比べ、全ての国民が自己負担三割(低所得の高齢者は一割)で何時でも医療が受けられる我が国の健康保険制度は素晴らしいと言うべきであろう。しかし、現実には、医療制度、特に救急医療、出産、小児の医療体制に対する不満、医療に対する不信感はつのるばかりである。日本の医療の問題点の一つとして医師数の不足が強調されているが、医学部定員は過去50年間で2倍に増えており、この間の人口の増加率1.3倍をはるかにしのいでいる。実際、1965年から2002年の間に医師総数は11万から26万に増加しており、病院勤務医は4万から16万に増えている。物事は単純ではない。つまり、医師の絶対数が不足しているのではなく、今の医療体制、更に患者が求めている医療を行うための医師数が不足しているのです。
1961年に国民皆保険制度が導入され、それに安住していて話題にもならなかった医療の本質と医療制度の問題点について一緒に考えてみたいと思う。

 
e0102418_7301961.jpg

岩崎先生近影
[PR]
# by tyama2001 | 2009-09-26 07:30
8月24日(月)まちおこし、地域おこしとして活動中の福島県二本松市太田(旧東和町)の NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会 を、当まちおこし振興会の今後の活動の為の研修および見学を目的に訪問。

e0102418_852193.jpg











e0102418_8525768.jpg

 参加者山下理事長他役員4名計5名。
 「ゆうき」には、有機農業の推進と住民相互の有機的結びつき、および、勇気をもつて各事業に積極的に取り組み住民主体の地域の活性化を目的としてH12年より活動H17年NPO法人化。今年中山間地活性化事業および耕作放棄地の有効活用に積極的に取り組んだモデル地区としての高い評価を受け、総務大臣賞および農林水産大臣賞を続けてダブル受賞とのことで、9時40分~10時15分産直売り場見学。10時15分~11時45分事務局長さんより説明・質疑応答。2時間にわたり熱心に説明を受けた。東和地区も年々人口減少にみまわれ、あわせて近隣市町村との合併問題から、過疎地域の生き残り策として、地域の自立の問題に取り組み、商品開発から生産、販売に、及び都市との交流、定住促進事業などなど、あらゆる問題に真正面から取り組んでいる姿勢が印象的で感心させられた。
 我々も、大変勉強になり、今後の活動のお手本として行きたい学ぶ事の多い研修であつた。
 帰りにはいつきに太平洋に抜け、大熊町の シュトラウスダチョウ園 訪問見学、その後南相馬市(旧原の町市)の北泉海岸サーフスポツト見学、現地環境・設備等調査し、16時山元町に帰つた。
 今後も積極的に見学・研修を積み、わが町、わが地域の発展のために参考にして行きたい。 (文責 岩佐哲也 下記写真)
e0102418_1845027.jpg
[PR]
# by tyama2001 | 2009-08-29 08:55