人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山元町産 伊達むらさき    (金時草)


by tyama2001

                              平成30年10月1日
                              NPO法人
                              亘理郡山元まちおこし振興会
                              発行人 理事長 千石 信夫

昭和のあれこれ(1)

 昭和元年は7日間しかなかった。昭和64年も偶然に7日間しかなかったのである。 昭和の実質は62年間であったといえる。
 大正天皇の崩御を知っている方は、亘理郡にはもういなくなったであろう。当時はラジオもまだなかった。新聞報道しかなかったのだから、現代からみると信じがたいことである。
 昭和を生き抜いた人には、余りに出来事が多すぎたので数世代を一挙に体験したようなものだという方々も多い。大きな項目を列挙してみたい。

①電波の恩恵を一般の人びとが受けられるようになったこと。
 「ニュースのみならず、娯楽面でも革命的な変化が起こった」
  ラジオ → テレビ → ケイタイ(現代に続く)
 ラジオのNHK仙台放送局の電波発信は昭和3年で、今年90周年を迎えることになった。即時性のあるニュースが聞けるようになったのである。(全国8番目;JOHKである)ただ、当時のラジオ受信機はきわめて高価なものであり持っていた人はごく限られていた。「図は昔のラジオのイメージです」
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第10号)_e0102418_15050094.jpg

 当然ながら真空管がつかわれており故障も多かった、だが全国民には即時に伝わることとなった。敗戦の決定を知らすべく前もってラジオ所有者のところに集まるように伝えられた昭和20年8月15日、昭和天皇玉音放送もあった。
  しかし、昭和30年頃からのテレビの普及に伴いラジオは主役の座を降りることになった。
 それまで映像のあるニュースは、映画館で料金を払って見るものだった。亘理にも駅通りの新町に昭和27年に映画館ができた。ゴジラがきた時などは、学校の先生が引率してクラス毎に見に行ったものである。ドラマ本番の前に、日本国内のニュースが白黒で15分ほど流れるのであった。映像は新鮮なものに見えた。だがテレビの普及は急速で、やがて映画館のニュースも消えていった。映画のドラマは総天然色となり、テレビもカラー化した。


②交通革命
 昭和30年代までは現在の如く、誰もが自由に自動車を運転する時代がこようとは夢のまた夢みたいなことだった。
 当時、亘理と山元町の街中を走る国道6号線は、舗装もされず昭和20年代は通行する自動車が一日に100台程度しかなかったと思う。国道でキャッチボールができた。
 急速な経済発展がモータリセージョンを生みだした。
 昔の道路はもともと自動車が走るようにはできていない。交通量が多くなるに従い、振動などの影響や事故も増えた。車の増大に対応するため国道が街の中を避けて通るバイパスの建設がはじまった。昭和43年のことである。完成には5年を費やし47年に開通した。
 逢隈・亘理・吉田・山下・坂元と山沿いや田んぼの中に新しい道路ができて、郊外に出ると再び元の国道と合流するという現在の新国道6号線ができたのである。 爆発的な車社会に対応できず、交通事故で亡くなる人が多かった。死者の数は急速に増えてゆき、交通戦争などともいわれ昭和45年がピークで日本全体では1万7千人の命が失われた。当時の山元町の人口が毎年消えて行くような状況が続いた。

「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第10号)_e0102418_15051653.jpg
 その後、安全運転の意識が高まったことや信号機の増設など交通インフラの整備、救急医療体制ができたことなどで現在では3700人までに減じている。
 昭和30年頃、筆者の近くでトラック1台をもって「便利屋」という商売を始めた人がいる。町内の人から預かった荷物を岩沼・仙台方面に届けるのである。今でいう宅配便のようなものだが、当時は個人では送るべき物資はあまりなく一日一便で十分だった。
 旅行時などの荷物は鉄道貨物で運ばれ「チッキ」と呼ばれたものがあり便利だった。国鉄「切符」を持参していると、土産品などを別に駅まで運んでくれるのであった。
 常磐線の開通は明治30年に遡るが、亘理郡内に3つの駅しかなかった。その後山下駅の開業が昭和24年、逢隈駅の開業は昭和の終わり63年8月だった。如何にモータリゼーションの時代とはいえ、駅が近いと何かと便利である。仙台への通勤客で周辺の宅地開発が急速に進み逢隈地区の人口は急増している。
 山下駅もそれなりに利用客が増えたのであるのが、現在は仙台への近さが決め手になっている。
 昭和30年代まで常磐線の仙台発の最終列車は午後8時19分上野行きであり、通勤・通学には何かと不便だった。ところがその最終列車が亘理や山下駅に着くと、今度は大きな荷物を背負ったオバサン方が乗り込む。日立などへ就職する人が多く、その母親が息子へ食糧などの荷物を届けるのである。各駅停車なので朝の3時頃に日立に到着し、今度は朝一番列車に乗って帰ってくるのだということだった。

                       (記:鈴木仁)     ――― 次号に続く

「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第10号)_e0102418_15131892.jpg
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第10号)_e0102418_15133432.jpg


 この資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。


# by tyama2001 | 2018-10-01 00:00 | 亘理・山元ニュース
平成30年9月1日
NPO法人 亘理山元まちおこし振興会
発行人 理事長 千石 信夫


亘理郡の農業 (稲作以外のこと)

昭和50年大晦日、NHK紅白歌合戦の視聴率が圧倒的に高かった頃、司会者から冒頭に亘理郡逢隈農協青年部がトラックを駆って届けてくれた「シクラメン」がステージに飾ってありますとの紹介があり驚いたものだ。

全国的に亘理の花卉農業が知られるキッカケになった。

歌手、布施明さんの「シクラメンのかほり」がミリオンセラーになった頃である。

逢隈では、その他に上郡での大規模なカーネーションのハウス栽培もあった。


「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第9号)_e0102418_09114914.jpg


政府は、農業の後継者育成に若い農業者に「4H活動」を推進した(心・頭・手・健康)の英語表記の頭文字である「H」をつけたものである。この文字に懐かしさを覚える年配者も多いと思う。

しかし今や、その方々の後継者がいないのが実情である。

農業には労働に見合う報酬が他の産業に比べて少ないというのが実態のようで、兼業とされている方々も多い。

稲作以外に道を求めて、先に紹介している「ぶどう」や「りんご」なども試みられた。

昭和20年代に愛宕山(亘理)の麓でコンニャク栽培をしていたこともある。しかし出荷までには3年の歳月を要することで、住宅需要の高まりとともに宅地となった例などもある。亘理郡の人たちは、いろんな作物に挑戦している。


馬喰(バクロウ)を平成の最近まで生業としていた方々もいる。

昭和の最盛期には、亘理郡内に20人以上もいたであろう。筆者の集落にも3軒の馬喰がいた。東京には馬喰町があり、現在も地下鉄にその名をとどめている。文字通り馬の売買をしていた人たちであるが、農耕用の需要が少なくなってからは、「牛」を主に扱う業者となった。子牛を市場から調達してきて、肥育農家や自分自身で育てて、成牛を市場に出すのである。宮城県では仙北で今も盛んである。「仙台牛」はブランドなのだ。

仙台夢メッセで今年、「全国和牛大会」が行われたのは記憶に新しい。

亘理駅の南側に国鉄官舎があり、さらに「牛市場」があったことを記憶されている人も多いに違いない。一人の馬喰さんは、たいてい10軒以上もの肥育農家を相手にしていた。

昭和35年の統計データであるが、興味ある数字が並んでいる。

(今も5年毎に、農業センサスという農業調査が行われている)

  区分

  山元町

 (頭、羽)

   亘理町

  (頭、羽)

1100

1501

24

56

1000

831

24000

29077

乳牛

110

81

700

509

山羊

(ヤギ)

200

129

この頃の牛は役肉用である。肉用であると共に、田起こしや田植え時の代掻き用の動力として用いたのである。当時の子供には鼻取りという役目があった。

牛の鼻に金属の輪が付いていて、そこに長さ1m程度の竹の棒を取り付けて、子供が牛を誘導するのである。昭和20年代の後半に鼻どりを一日やると5円の給金だったように記憶している。

また殆どの農家で鶏を10羽ほどは飼っていたものである。当時の人口とほぼ同数の羽数がいた。野菜の屑などを刻んで与えていたものである。現在のような数万単位での大規模養鶏家などは想像もできない時代だった。


家庭の残飯も有効利用され、豚農家が集めて歩いていたものだ。餌代を殆どかけずに育てていたのである。現代の如く均質な肉を求められる時代ではなかったからやれた。

牛がいたり、豚がいたり、当時の集落は臭かった。

牛、豚などの飼育小屋の敷きわらは、堆肥として有効利用され田畑にまかれた。

「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第9号)_e0102418_09115895.jpg

鶏の糞は、天日で乾燥され、これまた有用な肥料になった。現在はホームセンターなどで購入する時代になってしまったが、この当時はまだゴミ集積所などはなくて、全てを利用していたのどかな時代でもあった。

 鶏は卵を産まなくなると、潰すのである。年老いた鶏なので肉はガムのようだった。

 豚の屠殺場が、この頃まで南仙台駅のすぐ西側にあった。側を流れる川は赤く染まっていたものだ。現在では信じられないような光景である。

 子供は小遣い稼ぎのために、兎を飼育し太らせて肉屋さんに売るのだった。

タマゴ屋さんと呼ばれる商売もあった。集落を回り買い集めて仙台まで運ぶのである。

少し時代を遡り、昭和10年代には「タヌキ」の飼育が流行したことがあった。

亘理の神宮寺にタヌキを飼育して、大儲けをした方がいる。タヌキ汁ではなくて毛皮が貴重だったのである。「狸御殿」と言われる豪壮な家を建てた。(現存している)

たちまちにして噂は町中に広がった。我も我もとタヌキ飼育に乗り出す家が増えた。

しかし、大半の人が失敗した。

タヌキに化かされたと悔んだ人が多かったのである。

(記:鈴木仁)     ――― 次号に続く


# by tyama2001 | 2018-09-01 00:00 | 亘理・山元ニュース


亘理郡の農業(その2:減反への道)

 昭和40年頃から稲作バブルともいうべきことが起きた。戦後、政府は米の増産を奨励しあらゆる施策を行った。米価も上昇を続け、逆ザヤと言われることまで起きた。農家からの買い入れる米の価格が消費者への販売価格を上回るようになってしまった。
 米価は永遠に上がるのかと思うような状態だった。農林族と言われるような議員もたくさんでてきた。農家も団体で東京に押し掛け国会周辺をデモするのが恒例になった。ところが、デモを終え昼食に農家の人たちが、ラーメン屋さんに入るのである。農家自体が米を食わなくなったと揶揄された。米離れが加速していた。
 発端は終戦直後の食糧不足の時に占領軍がガリオア・エロア援助で、麦粉が大量に入ってきたことにある。パン食が始まった。パンを食べることがハイカラに思えたのである。
 小学生にも「日の丸弁当」の栄養補給にと、麦粉と牛乳が渡された、モサモサして旨いものではなかった記憶がある。米の消費のピークは昭和37年の一人当たり113kgで以降は除々に低下している。
 米の増産は国策として、そんなことにはおかまいなしに進んだ。秋田県では当時の面積では日本第二位の湖だった八郎潟の干拓も終わった。
 農業機械の開発も進んでいた。
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第8号)_e0102418_16320110.jpg

稲刈り機械とか田植え機械なども出始めた。初期の頃は単純なものだった。刈りっ放しで田んぼに放置され、後から人間が束ねて行くのだが、それでも大変な省力化だった。機械は高い値段で飛ぶように売れた。
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第8号)_e0102418_16321827.jpg
 亘理に商売上手な農機具屋さんがいて、沢山の売上実績を重ねていた。メーカーからの海外招待旅行があり世界中を歩いていた。その方とお話をしていたら、北欧以外に外国の知らないところはないのですよと言われたのには驚いたものだ。(写真は初期の頃の田植え機械と稲刈り機です)    
 農家の海外旅行もブームになった。「ノウキョウ」の旗を掲げた団体がロンドン、パリへと繰り出して話題になったものである。米価は60kg(一俵)当たり2万円以上をかなりの期間維持し続けた。
 だが、機械の性能が上がると共に機械の価格も大幅に上昇した。
 次々と新しい機械がでるたびに買い替えるので、農機具貧乏などという言葉も出てきた。
 隣近所の様をみて、自分だけが旧い機械ではだめだという意識が働く。日本人同士の巧みな競争心が利用されたのである。農機具を使うのは一年間のうちのわずかな日数のみである。
 農業機械の進歩は、稲作農家を劇的に減少させた。平成30年の亘理郡内では99戸のみになった。そんなことで現在は一戸平均で数十ヘクタールを請け負っているのである。

稲作に欠かせないのが「水」である。用水と排水は昔からの課題であった。亘理郡の海岸地帯は土地が低く、海抜ゼロm地帯も多い。特に海岸一帯では、潮の干満により海水の影響を受ける。このために、牛橋江や鳥の海周辺は、昭和20年代までは芦の生い茂る海水と淡水の入り混じった荒地であった。高屋辺りには沼のようになった水溜まりが方々にあって、魚釣り特にボラが沢山かかった記憶がある。
 この海水浸入地帯を国策として干拓し、一挙に農地化して米の大増産を計ろうとしたのである。昭和27年に始まり、昭和47年に完了する大規模事業であった。皮肉なことにこの頃から米余りが本格化するのである。
 牛橋(河口)の海岸に面したところに大型の水門が完成した。鳥の海と鐙川の接続点には、それまで16樋関と呼ばれた旧式な水門があったが、現在見るような近代的なものになった。
 農地は一挙に拡大し、亘理郡が本気で米を作れば、昔流に言うと15万石もの生産が可能なようだ。
 だが米の需要減少で、農地も徐々に宅地化されていったのである。
 昔は葦原で、住所などはなかったのだが、干拓後には地番が付けられるようになった。住所に人名がついているのをご存じの方も多いと思う。



 当時、功績のあった方々の「姓」がつけられた。すなわち、荒浜の我妻、横山、星、中野である。農協組合長、県会議員、高級農林官僚であった人たちである。

(写真は「たちばな出版」の住宅地図より)(記:鈴木仁)     ――― 次号に続く

「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第8号)_e0102418_16513478.jpg
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第8号)_e0102418_16514676.jpg
 の資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。

# by tyama2001 | 2018-08-01 00:00 | 亘理・山元ニュース

ひだまりマルシェで伊達むらさきが販売されました

宮城県山元町の山下駅に隣接する山元町防災拠点・山下地域交流センター(つばめの杜ひだまりホール)にて、地域イベント「ひだまりマルシェ」が開催され、伊達むらさきも販売されました。

ひだまりマルシェのノボリ         


マルシェの様子。当日はミュージカルも開催され、大勢の山元町民が訪れました


販売された伊達むらさき。緑と紫のユニークなコントラストに、多くの来訪者が足を止めておりました


会場には伊達むらさきに含まれるアントシアニンなどの抗酸化物質に注目して研究活動をしている、東北福祉大学の小野木弘志講師も訪れ、伊達むらさき販売所に来た山元町民へのインタビュー調査をしておりました。小野木講師に伺ったところ、山元町民の伊達むらさきに対する認知度では低く、町内で販売しているのを見たことがないと話す方が多かったそうです。伊達むらさきの販路は現在ほぼ仙台であり、山元町での販売はこのような年数回ほどの地域イベントのみに限られています。伊達むらさき生産農家さんも減少し、流通量の減少も仙台圏のみの販売となっている要因ではないかと思われます。


店頭では伊達むらさきの新聞記事の掲示や試食などが行われました


来訪者は健康によさそう、美味しいと購入し、お昼過ぎには完売してしまいました!


伊達むらさき販売所付近で小野木講師がインタビューを実施中に、山元町防災拠点・山下地域交流センター所長の岩佐勝氏が訪れ、小野木講師にこの施設の説明をしておりました。岩佐氏によるとこの施設は避難所がベースとなっている交流センターであり、全国でも希少な施設だそうです。ひだまりマルシェもはじまったばかりのイベントです。

チラシ

次回は9月16日ですので、ぜひ山元町の防災拠点・山下地域交流センター(つばめの杜ひだまりホール)で開催される「ひだまりマルシェ」にお越しください!



# by tyama2001 | 2018-07-28 16:14 | 亘理・山元ニュース

亘理郡の農業(その1:減反への道)

 昭和45年(1970年) に日本の歴史始まって以来の出来ごとがおきました。米が余ったのである。大阪万博があった年です。今後は米の生産を減らせというのです。
 現代日本人にとっては、食物を捨てるとか、コメが余るのは日常のことになってしまったが、昭和25年頃までは腹一杯ご飯を食べることが、夢にも近いことだった。今やそんな記憶も薄れつつある。何しろ田んぼの40%近くがもはや米を作ってはいない。
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第7号)_e0102418_21315736.jpg
 食糧の増産は、古代よりいつの時代にあっても日本人の悲願であった。主食・コメの生産力は、地域の力だった。江戸時代に亘理伊達氏の2万4千石と坂元の領主大條氏の4千石が、亘理郡と新地町を合わせた生産高である。
 昔は年間に一人1石(150kg)を食べるとされたので、すなわち2万8千人を養える力があった。さらなる増産をすべく、新田の開発に励んでいたのである。

 米の生産力が急激に伸びたのは、終戦後(昭和20年以降)のことである。
 それまでは、一反当たり5俵(300kg)程度だったが、化学肥料や機械化が反収の増加につながった。現在ではほぼ倍の収穫を得ている。コメは日本の主力産業だったのである。米の出来不出来は、日本経済を左右していた。

 今では考えられないことがたくさんあった。
 多くの家が専業農家だった時代には、現金収入があるのは秋の刈入れ時である。供出米の代金だった。逢隈などの農家の多くは、亘理の街中に来て買い物をするのに現金を持たず、通帳(ノートみたいなもの)に書きとめてもらい、秋に一括して支払いに来るのが常だった。
 誰もが貧乏だった。農作業はすべからく人手に頼っていたのである。稲から穂先の米のみをとる脱穀機というのがあったが、これも人間が足を使って踏んで動かすものだった。
 田植えの時には、猫の手も借りたいと言われたものである。
 私が中学生になったのは昭和29年であるが6月1日から3日間田植え休みがあった。農家であろうと、なかろうと係らず全校が休みなのである。卒業まで続いた。
 秋には「イナゴ取り」の行事があった。これも3日間である。授業はなく朝から全員が一斉に田んぼに向かい、刈り取られて乾燥のために「はせがけ」にしてある稲に群がっているイナゴを捕まえて布袋に入れ、弁当は田んぼで食べて午後3頃までに学校に戻り、捕獲したイナゴの計量をうけて帰るのである。
 学校はイナゴをまとめて販売し、図書の購入などに充てたのである。日本はまだイナゴが貴重なタンパク源だった時代である。
 私は3日間で一貫目(3.75kg)を捕獲し7等賞をもらい鉛筆をいただいた記憶がある。
 
「郷土の歴史を遡って知ろう!」 (第7号)_e0102418_21320882.jpg
 大きな農家では、人手の確保に手間取りや作男と言われる人を置いていた。
 特殊な例だが、昭和10年生まれのSさん(現存)という男がいる。彼は小学校4年までしか学校に行っていないのだという。終戦直後の混乱もあり名前が落ちてしまったらしいのである。どの学級にも属さず現在なら大騒ぎだが、彼の家ではこれ幸いと大農家の作男として預けてしまったのである。預かった農家も子供に作業は無理だと、しばらくはその家の子守りなどをしていたというのである。
 やがて、農業機械化の第一号ともいうべき「石油発動機」が入ってきた。ダダダダ・・という音にご記憶のある年配の方も多いはずだ。足踏脱穀機の動力となった。ところが故障がはげしい、修理屋を呼んで直すのだが、Sさんはその修理をみていると、故障原因の大半が点火装置の汚れにあると気がついた。それなら自分にも出来ると、雇われ先のものを直し、他の農家からも頼まれて、結構な小遣い稼ぎになったというのである。やがて全体の仕組みも覚えて、使われなくなって捨てられた発動機も修理して売ったこともあったというのである。

(記:鈴木仁)     ――― 次号に続く

# by tyama2001 | 2018-07-01 00:00 | 亘理・山元ニュース