山元町産 伊達むらさき    (金時草)


by tyama2001

カテゴリ:亘理・山元ニュース( 55 )

 アメリカ ニュウヨーク近郊で開発されたという新品種ブドウ 「スチューベン」、日本では青森県で全国の約80%が栽培されていると言う。7~8年前知り合いから頂き食べたところ、非常に甘く美味しいブドウに感激。巨峰を始めて食べた時も感激しましたが、スチューベンはそれ以上でした。糖度18度もありむべなるかなとの思いでした。早即、其の翌年苗木を入手、ハウスをつくりそこに定植。(写真1)
 今では、毎年実をつけ、枝もたわわに。今年も大分摘果しても、ご覧のと通り。一枝に一房のみとしました。(写真2)
 収穫時期はぶどうとしては遅い10月中旬~11月がこの辺では最適。今後はこの品種と8月~9月が収穫時期のナイヤガラやデラウエア等も植えたいと思つています。スチューベン普及の為に苗木を100本程準備しました。写真3はその一部で5本分の写真です。特産品にしたいものです。  
e0102418_9121662.jpg
e0102418_9132585.jpg
e0102418_9142384.jpg

                 (ブドウ栽培研究班 c-wens)
[PR]
by tyama2001 | 2010-07-15 09:14 | 亘理・山元ニュース
 6月上旬 やがて伸びてくる子ヅル、孫ヅルが直接地面に触れて茎を傷めるのを防ぐ為に敷き藁を施した。ここにもK・I先生の優しさが・・・。(写真1)
 中旬 ハウス一面に子ヅル、孫ヅルが勢い良く伸び伸びと成長。(写真2)
 やがて花が咲き、今までイチゴで使つていたミツバチの巣箱をメロンのハウス内に。蜂が花と花を飛び回り受粉作業のお手伝い。(写真3)
 孫ヅルに咲いた雌花に結実が・・・。花が咲いてから着果しそれから完熟までは40~50日とのこと。 これから先、8月上旬ころが待ち遠しい日々です。(写真4)
                           (メロン栽培研究班 T・I)
e0102418_84876.jpg
e0102418_8484088.jpg
e0102418_8491945.jpg
e0102418_8495435.jpg

[PR]
by tyama2001 | 2010-07-08 08:51 | 亘理・山元ニュース

わが家の果物

 山元町は気候や土壌など自然環境に恵まれ野菜や果物の生育には大変恵まれていると思います。わが家でも素人ながら10種類以上の果物を植えています。
5年前から生りだした、さくらんぼです。春先の開花じ蜂の飛来が少なく実のなり具合を心配しましたが、見事に甘い実を沢山つけてくれて今年は豊作でした。

 ブルーベリーも早生種の大実ブルーはムラサキになり、昨日こどんぶりに一杯とり食味したところです。全部で7種類植えています。

 白くて細長い(約20センチ)の花は樹齢100年を超える丹波栗の花です。今年も沢山の花がさきました。こ花がやがて丸るい実になるのが、子供の頃不思議でなりませんでした。早生種で毎年9月10日前後に2~3個のみが落ちはじめます。栗ご飯がたのしみです。

 柿の花が咲きました。西村という甘柿です。気候のせいか、採る人のせいか中には甘くなりきれないものもあるようです。甘柿の北限は栃木県・茨城県とか言われているようですが、宮城県でもとても甘いのがとれます。これから先が楽しみです。
  
                     ( 文 T・I
e0102418_11421638.jpg
e0102418_11442121.jpg
e0102418_11472075.jpg
e0102418_1151952.jpg
)
[PR]
by tyama2001 | 2010-06-29 11:52 | 亘理・山元ニュース

新しい山元町長です!

常日頃より、「NPO亘理山元まちおこし振興会」ホームページをご覧いただき
ありがとうございます。
 昨日(4月27日)掲載致しました。発会式開催報告への添付写真について早速
多数のお問合せを頂きましたのでお答え致します。
内容は「挨拶されておる方は新しい齊藤町長の様ですが?」と言う問合せでした。
上段に掲載の写真中央で挨拶されておる方は御指摘のとおり齊藤町長です。
 4月11日の発会式当時はお二人とも、立候補予定者としての紹介で、お二人とも
公平なお立場でのご挨拶をいただいたものです。
 振り返れば、NPO発会式での祝辞が齊藤町長から町民へむけての記念すべき
第一声の場であったことを大変誇りに思い感謝しております。
          
              (事務局 緑川)
[PR]
by tyama2001 | 2010-04-28 08:47 | 亘理・山元ニュース
e0102418_1553798.jpg

e0102418_15555933.jpg

「NPO法人亘理山元まちおこし振興会」の発会式ならびに記念講演が4月11日(日)に
山元町中央公民館で開催されました。
50名を超える一般町民の方々も参加され、明日の山元町発展へNPOの果たす役割に高い期
待が寄せられていました。
 発会式は山下努理事長からNPOの立上げ経緯や、昨年から活動している5つの部会それぞ
れの取組み状況の報告、そしてこれからの更なる取組みについて熱い決意表明がありました。
 続いて、山元町区長会会長はじめ来賓の方々から、これからのNPO活動への力強い協力支
援と高い期待の言葉を頂きました。
 発会式につづき東北大学白鳥則郎教授による「共生社会:21世紀をよりよく生きるには」
の講演がありました。
 講演内容は、豊かな20世紀を築いてきた欧米の合理主義を超え、21世紀は「自然と人間
」を考える世紀であり、自然を繊細に感じることが出来る日本人こそが、その役割を果たすべ
きである。また、少子高齢化を迎える今、自分たちの人生を心豊かに生きていくにはどうした
らよいか、それには我々は何をなすべきか」と、共生社会を目指す我々の行動指針となる講演
でした。
 なかでも具体的取組み例として仙台を中心に進めている「シニア居酒屋」の話には、参加し
た町民の方々の関心も高く、多くの質問がでていました。
 講演後には、NPO会員への加入申込をする姿が多数見られる盛り上がる中でのお開きとな
りました。
         (事務局 緑川)
[PR]
by tyama2001 | 2010-04-27 15:57 | 亘理・山元ニュース