人気ブログランキング |

山元町産 伊達むらさき    (金時草)


by tyama2001

郷土の歴史を遡って知ろう!(第19号)

令和元年10月1日
NPO法人 亘理山元まちおこし振興会
発行人・理事長:千石 信夫

明治時代(2) 郵便制度

 日本の近代化に最も必要だったのは、鉄道による輸送手段とともに、郵便を制度化することだった。江戸時代からの「飛脚制度」を近代化することにあった。速さの点においては、明治中期まで人力もしくは早馬であるとか、江戸時代と変わるところがなかったが、明治になってから全国の都市に集配所制度を設けた。 郵便切手を発行したのである。距離によって郵便料金が異なった。100kmを一単位としたのである。明治5年の時点で仙台から東京までは8銭であった。 その後、明治10年に至り、利便性の向上を図るために全国一律で「1銭」とした。 (当時は米1kgが約17銭だった)

e0102418_11525576.jpg


 1銭切手は、明治35年まで25年間も続いたので、その間にいろんな図柄が出現している。 (写真は大日本帝国の一銭切手である)郵便や荷物の運送には、「駅伝」制度による馬での継馬所があった。亘理の街中で馬を継いた後は次は山下まで行くのだった。馬が行ったり来たりしていたことになる。
 「駅伝」といえば、今やマラソンであるが、日本特有のもので由来はここからきている。昔は走るのがスポーツではなく使役の役目をもったものだったのである。東京―箱根駅伝、その他各地の駅伝競技があり、今もその名を残している。

e0102418_11535498.jpg


 現代では「情報通信」という用語を使っており、一瞬にして個人の伝えたいことが、世界中を駆け巡る。アメリカ大統領が使うツイッターが有名になった。だが150年前は大変だったのである。亘理では、明治5年に永田さんが「亘理駅郵便御用取扱書」を開設した。山下では明治7年に三島さんが開設している。仙台までは2銭が必要で、そこから東京へと乗り変えたのである。当時の郵便局は、地域の有力者が自宅に開設したのである。明治13年頃になると各村々にも御用取扱書が出来るようになった。
 その後は、郵便局が貯金とか為替などを扱うようになり、官より委託される形で運営され郵便局と名前が変わり、地方局は三等郵便局と呼ばれ逓信省(郵政省)管轄となった。亘理郵便局や山下郵便局となった。田舎では特定郵便局となって行ったものもある。
 手紙は届くまでに数日をようするが、迅速性が大事なことも多くなった。亘理郡でも「電信の開通」を要望していたのである。これが出来たのは、常磐線の開通と同じ頃の明治30年になってからである。
 「電報」が可能になった。

e0102418_11541792.jpg

 それまでは、スピードを要求される手段として、長期間に渡りハトが使われていた。現在では、趣味として飼育している方がいるに過ぎないが、伝書鳩は一説によると紀元前からあったというのである。 200km程度は軽く飛んで行く。昭和35年頃までは使っていた。新聞社が電話も無い山間僻地から記事を送るとか、軍事用などに利用していた。ハトの足に小さな軽い筒を取り付け、それに書類を入れて飛ばすのである。ごく軽い荷物を背中に乗せて運ぶこともあった。ただ、飛行中にタカやワシなどの猛禽類に襲われることがあるので、複数のハトを飛ばすのだった。このようなことから農林水産省が統轄する使役動物に指定されていた。
 通信手段が極端に発達してしまった現在からみると信じがたことである。戦国時代頃によくつかわれたのが、ノロシによる(敵が来た)など信号の伝達だった。時代劇でおなじみである。昔の人たちから見ると現代人は恐ろしく便利な時代に生活している。
 現在は、亘理・山元町とそれぞれ別の行政区分感覚で物事を捉えているが、明治22年までは亘理郡内に30ケ村が存在して、それぞれにかなりの自由度があった。その中でも小堤村(亘理)が中心的な役割を果たしていたのである。現在は、消防・ゴミなど再び大きな広域行政が効率的だと、そんな傾向になっている。郵便制度などの近代化が進むにつれて、小さな村単位では行政上の不便があるということで、明治の大合併が行われることになった。小堤村はそのままの規模で亘理町となり、他は大きくまとまり、昭和29年まで続く6町村体制が出来上がるのである。郡長が宮城県から派遣され大正末まで亘理郡の一体行政が行われることになった。 昭和に入ってからは各町村が力をつけたこともあって、独自の施策が実施されるようになったのである。電信より少し遅れて明治44年には電話が開通した。亘理では大商人の12軒が加入して番号1番は当時郵便局を運営していた門沢味噌屋さんだった。12番は新井町の武田亀吉商店(薬局)まで名だたる店が名を連ねていた。

参考文献 山元町誌 亘理町史(下巻) (記:鈴木仁)

 の資料は、山元町中央公民館、つばめの杜ひだまりホール、ふるさとおもだか館、亘理町立図書館の情報コーナーに置いてあります。手に取ってお読みいただければ幸いです。   
     

by tyama2001 | 2019-10-01 00:00 | 亘理・山元ニュース