山元町産 伊達むらさき    (金時草)


by tyama2001

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

  日本財団様の助成により、6月にスタートした、当NPO法人亘理山元まちおこし振興会の重点事業の一つである、被災者支援事業 「なんでも手伝隊」いよいよ本格的に活動開始。
 仕事の依頼も各種いろいろで、作業者も手分けして分担しながら、お客様のご要望に応えるべく毎日頑張っております。

 写真は杉やヒノキを植林したところの下草刈りを5人でした時の様子の一部。下は同日3人で行った松やつつじの庭木の手入れ作業の様子です。

 仕事の依頼をお考え中の方(町外でも可)、作業希望をお考えの方(山元町内にお住まいの方、または、3月まで山元町内に住んでおられた方)事務局までご一報下さい。いつでもご連絡をお待ち致しております。
 
      
e0102418_10184014.jpg
e0102418_1019134.jpg


    
[PR]
by tyama2001 | 2011-07-10 10:19 | 亘理・山元ニュース
 皆さんのご協力で4月12日よりスタートした 被災者支援農場(第1農場及びKFCハウス農場)の現況の写真です。笠野地区、新浜地区の皆さんの毎日の手入れと、地元真庭区の有志の皆さんの手厚い手入れのおかげで各種野菜もご覧のとおり順調に育っており、先月の二十日大根に引き続き、トマト、仙台長なすなどぼつぼつ収穫期にはいりました。今朝も収穫し、被災者で分けたところです。
本格的には後1週間後くらいか? ジャガイモもそろそろで、いよいよ忙しくなりそうです。

写真は上から順に、第1農場のジャガイモ、仙台長なす、米なす。  KFCハウス内のトマト、ピーマン、そして、メロンです。 メロンはやや遅れ気味ですが 順調に育っております。
e0102418_1722132.jpg
e0102418_17223730.jpg
e0102418_17231151.jpg
e0102418_17233422.jpg
e0102418_17235761.jpg
e0102418_17242114.jpg

[PR]
by tyama2001 | 2011-07-07 17:19 | 亘理・山元ニュース
 砂糖、塩、味噌、醤油、麺つゆ、マヨネーズ、日本茶、ごはんパック、 などなどNPO法人セカンドハーベスト名古屋 様 ( 日頃は、名古屋で、ホームレスや外国人などに食料品を支給、支援している団体 ) のご厚意により、当NPOとタイアップさせて頂き、山元町内各仮設住宅入居者に順次、調味料等各種(段ボール1箱に約20品種、約10キロ)を支援物資として配布することに。
e0102418_84468.jpg
e0102418_852183.jpg


 第1回目として、7月3日(日)旧坂元中跡地仮設住宅にて、ハーベスト名古屋の長坂さん、自治会長、副会長さん及び当会会員など皆様のご協力を頂き配布。皆さんに喜んでいただきました。

当日は NHK仙台 にて夕方放送、また、4日、河北新報 朝刊にてその時の様子が記事に。
e0102418_818876.jpg


 以下 7月4日河北新報朝刊記事より

名古屋市内のNPO4団体でつくる「なごや食料応援隊」が3日、山元町の旧坂元中跡地で、地元のNPO法人と連携し、仮設住宅入居者に食料品を無償で配布した。
 対象は約80世帯。応援隊が調味料やご飯パックなど20点が入つた段ボールを用意し、町内の「NPO法人亘理山元まちおこし振興会」が配布作業を担当した。仮設住宅地の集会所で1世帯に1箱ずつ手渡した。
 ホームレス支援などを手掛ける名古屋市のNPO法人「セカンドハーベスト名古屋」のスタッフが、まちおこし振興会に関する5月21日付けの河北新報朝刊の記事をインターネットで読んだのがきっかけ。すぐに担当者に連絡をとり、連携に向けて検討を進めてきた。
 セカンドハーベスト名古屋の長坂春美さんは「支援物資を送りっぱなしにせず、被災者との絆を大事にしたかった」と説明。まちおこし振興会の担当者は「町民のためになるなら協力したい」と快諾した。 町内すべての仮設住宅入居者に順次、配布する。
入居者の生活支援とともに、コミュニケーションを図って仮設住宅内での孤立を防ぐ狙いも込められている。(以上河北新報記事より抜粋)   事務局
[PR]
by tyama2001 | 2011-07-04 08:08 | 亘理・山元ニュース