山元町産 伊達むらさき    (金時草)


by tyama2001

カテゴリ:亘理・山元ニュース( 54 )

ハイキングと芋煮会開催

11月11日(日)会員相互の親睦を目的に新城山ハイキングと芋煮会を開催いたしました。

阿武隈山地 「新城山」(291.4m)
小斉峠の北にあって、延元二年(1327年)に武石氏が城を築き、愛宕城に移るまで、数年間居城した山で今でも平坦地があり、当時は烽台も据えた要害であったと伝えられる。(山元町史から)

登山ルートの概要
小斉峠(157m)からの最初の登りは急こう配で足元がやや滑りやすい。しばらくすると山道らしくなってくる。里山の紅葉は今がいい時期ですね。
e0102418_1371262.jpg

3年前に当会で刈り払いを行ったルートである。角田市との境界稜線のルートを北上。登り下りや一部稜線が狭くなるところがあり注意して通過。最後の急な登りを過ぎると間もなく頂上である。
e0102418_1394417.jpg

e0102418_1311185.jpg

下山は境界稜線のひとつ東側の尾根のルートをとる。東側には木々の間からは山元町一帯が展望できる。
e0102418_13132829.jpg

分岐点からは笹藪が多くあまり歩かれていないような道であった。樅の木の大木や松、檜、椚などが多くみられた。しばらくすると砂利採石場の上部に出て視界がひろがり正面に金華山そしてさらには音羽森が見える。
e0102418_13161011.jpg

採石場の西側端を下って県道に到着。全員無事下山。

感想
里山ハイキングには気軽に登ることができるルートである。登りと別のルートを下ることができて楽しめた。麓の神社に降りるルートもあるが道が整備されていない。良くなればもっと楽しめる山だ。新緑の時期もいいでしょうね。

登り約45分下り30分
e0102418_13264450.jpg

芋煮会開催
会員外のご協力もいただきありがとうございました。里芋が柔らかく野菜も新鮮とても美味しい芋煮汁をいただきました。

例会開催
ふれあい産業祭の出展に関する準備作業について打合せを行いました。
その他、12月から開催予定の「山元町での古代産鉄を考証する会」について
山元町教育委員会の後援をいただいたことなど報告がなされ会員が協力して進めることになりました。

新城山の山頂での発見
e0102418_14154691.jpg

これは猪の仕業でしょうか?どなたかお解りになる方いらっしゃいませんか?
松の木の皮が剥がれて表面はつるつるとしています。その周りは泥が付いて乾いた状態です。
[PR]
by tyama2001 | 2012-11-13 09:11 | 亘理・山元ニュース
e0102418_1057273.jpg


亘理山元まちおこし振興会ではこのような史実を元に歴史的遺産に関する物語を創作していきたいと考えております
[PR]
by tyama2001 | 2012-10-22 11:15 | 亘理・山元ニュース
イタリアントマトと金時草 山元特産へすくすく       試食会好評

試験栽培したトマトと金時草を使った料理を味わう亘理山元まちおこし振興会のメンバー


e0102418_13183834.jpg 宮城県山元町のNPO法人「亘理山元まちおこし振興会」が栽培を始めたイタリアントマトと加賀野菜の金時草(きんじそう)を使った料理の試食会が17日、町坂元公民館で行われた。東日本大震災で大きな被害を受けた町の復興に向け、同会はイチゴ、リンゴに続く特産化を目指す。
 試食会には同会女性部のメンバーが調理したイタリアントマトを使ったピザやリゾット、金時草のサラダなど6品が並んだ。参加した約20人は熱を通したトマトの甘み、金時草のシャキシャキした歯触りを堪能した。
 千石信夫理事長(62)は「おいしい。いろんな料理に活用できることが分かり、今後の夢が広がる」と笑顔で話した。
 町の新たなブランド品の開発を進める同会は、会員の農家庄司信男さん(60)がイタリアントマトの栽培を行っていることに着目。今年から町の内陸にある約1800平方メートルの畑に、庄司さんの指導を受けてロッソロッソ、シシリアンルージュなど15種類のトマトを試験栽培した。併せて振興会が特産品候補とした金時草も栽培。今夏、トマト約10トンの収穫に成功し、金時草も順調に育った。
 どちらの野菜も「手間が掛からず、無農薬でも育つ。特産のイチゴ栽培の合間でも栽培が可能」と庄司さん。来年には生産組合を設立して町内の農家に広く栽培を促し、安定的な収量の確保を目指す。山元の風土に合うように品種改良にも取り組み、開発した新品種は近く商標登録を行うという。
 千石理事長は「普及活動を進めて生産者を増やし、イチゴ、リンゴに続く町の特産に育てたい。地域が農業で元気になってもらえればいい」と期待を込めた。


2012年10月19日金曜日
[PR]
by tyama2001 | 2012-10-19 13:22 | 亘理・山元ニュース
e0102418_1011312.jpg10月17日(水)11:00から第5回例会及びイタリアントマトの試食会が山元町坂元公民館で開催されました。約25名参加しました。
このブログを見て興味を持った報道関係者も取材にきてくれました。

女性会員に腕を振っていただき、心のこもった色とりどりの料理が出されました。
スープ、パスタ、ミネストローネ、サラダ、などなど。トマト尽くしの料理を大変美味しくいただきました。

改めてトマトという素材の素晴らしさが確認できたと思います。生で食べるだけではなく、いろいろな料理に使えるという事は、まさに生産~加工~販売等に繋がるのだと思います。
e0102418_1061778.jpg

  ロッソロッソのトマトスープ まろやかな旨みが良かった。
e0102418_1074143.jpg

  これもロッソロッソのリゾット  切り焼き餅が入ってました。
e0102418_1012425.jpg

  ナポリタン  このトマトはジャヤパニーズブラックです。
e0102418_10163395.jpg

e0102418_10224591.jpg

金時草のサラダは洋風でも合います。
e0102418_10234228.jpg

試食風景
e0102418_10243796.jpg


例会について下記のことが話し合われました。
1.会員の親睦を兼ねて芋煮会ハイキング開催予定
2.亘理山元歴史物語創作部会の活動について
3.マッシュルームの試験栽培について
4.11月23日のふれあい産業祭に出店予定
5.金時草の栽培希望者への説明会について
6.商標登録について
7.なんでも手伝い隊について
8.会員からの提案について(震災メモリアルジオパーク)
9.会員からの提案につて(真庭地区の古民家について)
10・その他
以上
[PR]
by tyama2001 | 2012-10-18 10:33 | 亘理・山元ニュース
9月26日河北新報 夕刊 「河北抄」に亘理山元まちおこし振興会の活動が掲載されました。

内容は次のとおりです。

「河北抄」
 トマトは、米国などで美少女に例えられるそうだ。あるコンサート会場に並んでいた。「どうぞ」と勧められ、ジャパニーズブラックという品種の1粒を口に含んだ。果汁たっぷりで、程よい酸っぱさと甘さが広がる。

 出品したのは、宮城県山元町のNPO「亘理山元まちおこし振興会」。仙台市や山元町のイベント会場で試食してもらい、今後の販売につなげるのが狙いだ。
 会員は元会社員や公務員、主婦ら40人。ブランド品の開発を進めている。「トマトを研究しているメンバーがいて、町の特産品にできないかと、ことし栽培を始めた」と千石信夫理事長(62)。

 町内の畑を借り、15種類のトマトを試験栽培している。特色を出すため、シシリアンルージュ、ルビーノといったイタリアントマトを中心に、品種改良にも取り組む。
 山元町は、昨年の震災で大きな打撃を受けた。死者・行方不明者は600人を超える。「仮設住宅で暮らす会員もいる。活動を通して町に元気になってほしい」と千石さん。
 ひいては復興に結び付けば-と、赤い顔した美少女に夢を託す。(2012・9・26)

                                 2012年09月26日水曜日

http://www.kahoku.co.jp/column/khksyou/20120926_01.htm
[PR]
by tyama2001 | 2012-09-27 10:58 | 亘理・山元ニュース
e0102418_13445171.jpg
山元町の新しい特産品となり得るイタリアントマトについて

 亘理山元まちおこし振興会では山元町の農業が元気になってもらいたいとの思いから、新たな特産品となり得るような野菜等の品種を取り上げ試験的に本会員庄司氏の指導を受け山元町真庭地区の農地でイタリアントマト、金時草、メロンを栽培しております。その他上平地区ではマッシュルームの試験栽培にも取り組んでおります。
 そのなかでトマトについては比較的トマト栽培農家が多いなかでなぜトマトかといいますとイタリアントマトには生食だけではもったいない加熱調理すると素晴らしい味や旨みが増してくるトマトがたくさんあります。イタリアンレストラン向けや加工販売の道も開かれるものだと思います。イタリアントマトは生食でも美味しいですが加熱調理に向いている品種が多く、この度試験栽培した品種は約15種類ほどになります。イタリアから直接取り寄せた種子もありロッソロッソ、シシリアンルージュ、ルビーノ、ピッコラルージュ、さらにはブラックタイプの種類などなどあります。シシリアンルージュ等は、熊本県や秋田県など各地で栽培されておりますが山元町でも十分栽培できるものであります。なかでも、庄司氏の手によって品種改良されたまだ世に出ていない新品種(品種登録検討中)もあります。この品種は仮称「ロワイヤルルージュ」と称しておりますが小粒ながら特に旨みが出るトマトです。生食・加熱どちらでも向いているトマトで、関係者で試食・調理など行いましたがいずれも高評判でした。この品種こそ山元町独自の品種として売り込むこともひとつの特産品となり得るものと思っております。栽培方法は従来の栽培方法と異なり芽かき、交配作業など行わないソバージュ栽培を取り入れ露地栽培、ハウス栽培、どちらでも良いと思います。もちろんホルモン処理等は行わず無農薬栽培、有機栽培とし、低資本で高収穫量且つ安全なトマトが望めるものと考えております。山元町でこのようなイタリアントマトに特化して栽培する生産者が出てくるとすれば生産加工販売に向けての可能性を秘めているものと考えております。現在、すべての品種ではありませんが、山元町内では、武田魚店様で試験販売、仙台では石窯ピザ「オッツィオ」様でご利用と試験販売させていただいております。

この度、私たちが栽培いたしましたトマトの種類をご紹介させていただきます。実際に見て、食べていただきご批評とご指導を賜れば嬉しく思います。

※放射能問題について
放射能測定検査済で検出せずの結果となっております。


e0102418_13483474.jpg
ロッソロッソ
大玉タイプ フレッシュサラダや旨みを活かした炒め物に向いてます








e0102418_13505080.jpg
バレンシアオレンジ
中玉タイプ










e0102418_13535446.jpg
ジャパニーズブラックトリフル
中玉タイプで洋梨型 トマトに見えないトマト 口に入れると果汁が口中に一杯に広がります。酸味が弱く日本人向きです





e0102418_14122979.jpg
オレンジパルチェ 
オレンジ色のミニトマト βカロチンの含有量が多い 甘みと酸味のバランスが良い サラダ など生食向きです






e0102418_14173718.jpg
シシリアンルージュ
生で食べるなんて、もったいないと言われているトマト もともと旨み成分のグルタミン酸が普通のトマトの2倍以上あると言われております パスタならにんにくと塩とオリーブオイルで簡単調理出来ます

e0102418_14303137.jpg
ルビーノ
適度な酸味と旨みがある 生食 加熱 どちらでも美味








e0102418_1436872.jpg
ストライブドスタッファー 
ピーマンやパプリカなどのようなトマトです 炒め物や肉詰め料理などが美味しくいただけます






e0102418_14403712.jpg
ルージュボルドー 
朱色ミニトマト 葡萄の様な房なり美しい 裂果が少なく、樹熟房どりの収穫もできる







e0102418_1447069.jpg
ゴールデンレイフ
フレッシュサラダなど生食向きです












e0102418_1450024.jpg
仮称「ロワイヤルルージュ」 
シェフもうなづくグルメトマト
やや小振りながら濃厚な甘みと旨みがぎっしりと詰まっている誰もが食べると虜になりそう
湯むきして塩とオリーブオイルで炒めるととても美味しいワインのつまみにもなります


他にはピッコラルージュ、ピッコラカナリア、トスカーナバイオレット、ゴールデンボール、桃太郎オレンジなど栽培しております


e0102418_1522558.jpg
栽培風景(真庭地区)
[PR]
by tyama2001 | 2012-09-05 15:24 | 亘理・山元ニュース

第3回総会のご報告

亘理山元まちおこし振興会 第3回総会

日時  平成24年5月26日 13:30~15:00
場所  山元町勤労青少年ホーム2F会議室

理事長挨拶  山下 努

議長選出  大和田勝夫会員に決定
議事録署名人には 岩佐哲也会員 庄司信男会員 に決定

議題
第1号議案 平成23年度事業報告並びに収支決算報告「監査報告」について
事務局より説明
本年度は、東日本大震災の甚大な被害の影響があり、被災者への支援事業が主な活動となった。中でも、震災後に立ち上げた真庭地区の支援農場では、避難者が自ら野菜生産し自給することができた。さらに名古屋のNPO法人からの支援物資(ごはん応援箱)を町内仮設住宅に配布する作業を行った。人材活用事業では災害復旧工事の作業補助や庭の手入れ草刈作業などの活動も行う事が出来た。マッシュルーム試験栽培について昨年は津波で流失したが引き続き行った。今回はブラウンマッシュルームを栽培し予想以上の大きなものができたので次年度も引き続き商品化に向けて進めたい。1月には意見交換会を開催した。NPOの今後の活動を考える上で会員の皆様からたくさんの意見をいただいたのでこれを参考に次年度の活動を考えていきたい。

監事から会計監査の結果適正に行われていることを認めるとの報告が行われた。

質疑について 
①なんでも手伝い隊の事業収入についてどこから収入があったのか質問があり詳細の説明をした。
②その他事業報告書の年度が間違いではないかとの指摘があった。22年を23年に 23年を24年に修正する

第1号議案について全員拍手にて承認された。

第2号議案 平成24年度事業計画並びに収支予算案について
事務局より説明
新年度の方針として、①震災後の支援事業は引き続き実施していくこととする。主な支援事業は農林水産省の補助を受けて「農と福祉の連携によるシニア能力活用モデル事業」を申請中。承認を受けることができれば仮設住宅入居者の農作業を通じた心身のケアを行うモデル事業として支援農場を実施する。②前年度で行った意見交換会での意見から山元町の特産となり得るような野菜や果物の試験栽培から販売までを行う。③人材活用事業のなんでも手伝い隊については前年同様活発に進めて行きたい。③マッシュルームの栽培については商品化を目指して引き続き進める。
今後の会の運営については例会の開催など会員の皆さんと情報の共有を図りながら進める。

質疑について
農林水産省の補助金について詳細内容の質問があり説明した。それとともに山元町の特産となり得るような野菜・果物の試験栽培を今年度は重点的に活動していく旨説明した。

第2号議案について全員拍手にて承認された。

第3号議案 役員補充について
山下努理事長が理事を辞任意向があり
それに伴って理事の補充をしたい旨執行部から提案された。

役員補充(案)
理事   山下 努   (辞任)
監事   山崎 凱正  (辞任)
監事   佐藤 美根子 (辞任)

理事  山崎 凱正   (新任)
理事  佐藤美根子   (新任)
理事  大和田 勝夫  (新任)

監事  菊地まつえ   (新任)
監事  坂本みさ子   (新任)

質疑について
会員から理事長、副理事長が決まっているのであれば発表していただきたい。
定款で理事長については理事会で選出されることになっているので理事会案があるので発表することにした。
今年度の役員(案)
理事長   千石 信夫         文化スポーツ 住民交流・イベント
副理事長  山崎 凱正         特産品・ブランド開発
理事    星  辰夫         人材活用・文化スポーツ
理事    岡本 憲明         バイオマス・エコ・地場産品販売・道の駅
理事    阿部 厚雄(事務局長)   住民交流・イベント・発明工夫
理事    嶋田 博美         地場産品販売・道の駅
理事    佐藤 美根子  (新任)  特産品・ブランド開発・住民交流・イベント
理事    大和田 勝夫  (新任)  バイオマス・エコ・人材活用
監事    菊地 まつえ  (新任)
監事    坂本 みさ子  (新任)

顧問    菊地八朗 岩佐豊 岩佐哲也 竹内和彦

第3号議案について全員拍手で承認された。

その他
事務所の移転について
現在山下理事長の住所が事務所の所在地となっているがこれを変更したい。
新事務所の所在地を 亘理郡山元町鷲足字中17番地 としたい。

その他について全員拍手にて承認された。

以上で第3回総会が終了いたしました。

                                   報告 千石信夫
[PR]
by tyama2001 | 2012-06-04 09:59 | 亘理・山元ニュース

なんでも手伝隊その後

 1 東武計画様より被災した町内の町道などの測量作業の補助作業の依頼あり。
   1日3人ずつで12日間の仕事。写真は朝のミーティング風景。
   星理事はミーティングのみの参加。

e0102418_17514266.jpg

e0102418_17524064.jpg


  2  らっきょう畑にてらっきょう掘り起し作業、その後、畑の草刈り作業実施。写真はその時の様子。

e0102418_17553830.jpg
 

  3  現在植木の手入れ、柿とり作業、海岸の津波で倒れたクロマツの調査依頼等各種作業依頼あり。
   被災者支援活動、なんでも手伝隊事業に星担当理事はじめ関係者奮闘中です。
            (星・岩佐)
[PR]
by tyama2001 | 2011-11-28 17:41 | 亘理・山元ニュース
  日本財団様の助成により、6月にスタートした、当NPO法人亘理山元まちおこし振興会の重点事業の一つである、被災者支援事業 「なんでも手伝隊」いよいよ本格的に活動開始。
 仕事の依頼も各種いろいろで、作業者も手分けして分担しながら、お客様のご要望に応えるべく毎日頑張っております。

 写真は杉やヒノキを植林したところの下草刈りを5人でした時の様子の一部。下は同日3人で行った松やつつじの庭木の手入れ作業の様子です。

 仕事の依頼をお考え中の方(町外でも可)、作業希望をお考えの方(山元町内にお住まいの方、または、3月まで山元町内に住んでおられた方)事務局までご一報下さい。いつでもご連絡をお待ち致しております。
 
      
e0102418_10184014.jpg
e0102418_1019134.jpg


    
[PR]
by tyama2001 | 2011-07-10 10:19 | 亘理・山元ニュース
 皆さんのご協力で4月12日よりスタートした 被災者支援農場(第1農場及びKFCハウス農場)の現況の写真です。笠野地区、新浜地区の皆さんの毎日の手入れと、地元真庭区の有志の皆さんの手厚い手入れのおかげで各種野菜もご覧のとおり順調に育っており、先月の二十日大根に引き続き、トマト、仙台長なすなどぼつぼつ収穫期にはいりました。今朝も収穫し、被災者で分けたところです。
本格的には後1週間後くらいか? ジャガイモもそろそろで、いよいよ忙しくなりそうです。

写真は上から順に、第1農場のジャガイモ、仙台長なす、米なす。  KFCハウス内のトマト、ピーマン、そして、メロンです。 メロンはやや遅れ気味ですが 順調に育っております。
e0102418_1722132.jpg
e0102418_17223730.jpg
e0102418_17231151.jpg
e0102418_17233422.jpg
e0102418_17235761.jpg
e0102418_17242114.jpg

[PR]
by tyama2001 | 2011-07-07 17:19 | 亘理・山元ニュース